その他の記事一覧へ

ポイントカードを規格化して1枚にできないの?

ヨドバシにビックカメラにヤマダ電機、ドラッグストアにスーパー・・・・・ポイントカードが増えすぎて財布がパンパン!
もう面倒くさかったので、全部ポイントカードは自宅に置いて必要な時だけ持っていく事にした!・・・・そしたらどうでしょう!必要なときにも持っていくのを忘れて、結局使わなくなってしまったのです。

うーむ、もったいない・・・せめてこいつら全部1枚になったらいいのに・・・

・・・ということでまず、

データ形式を単一規格化して全部SuicaよろしくICカードに全部つっこみたい!・・・ですよね。ポイントは各店舗バラバラでもいいから、とにかく共通規格のカードに1本化する。
これで相当すっきりする。

でも、これだと「どこのポイント」が入ってるかわからないので、ICカードの表面に電子ペーパーを張り込んで、表面を機械的に書き換えられるようにする。
そして、ポイントが入ってるお店のマークを居れればいいかな?

これでもう迷わないステキなポイントカードまとめカードができる。
ロゴマークがたくさん並ぶのはコレクター魂もくすぐって面白いんじゃないかなぁ。

イメージ
ポイントカードイメージ


こうするとお財布がスッキリする以外にもメリットが色々と出てきて

  • (環境に嬉しい)カードが共通になるのでゴミの削減になって嬉しい。
  • (お店にも嬉しい)お店がそのお店専用のカードを在庫として持たなくていいので、個人の店舗でも気軽にポイントシステムを導入できる。
  • (コラボで嬉しい)ポイントを他のサービスに移動するなど、店舗同士のコラボ、ビジネスシーンができる
こんなものとか、電子ペーパーの余白を使って広告とか、まぁいろいろと企画のタネが生まれそうな媒体になりますよね・・・ホントに作ることになったらいろいろな面で大変になりそうですけど、できたらいいなぁ。

前のエントリー:「Apple」のロゴを見るだけで創造性が上昇。
次のエントリー:後ろの車にご挨拶(^▽^) ついでに広告

最近のトラックバック