その他の記事一覧へ

CDが売れるためにはどうすればいいか?

内閣府が調べたパソコン普及率は2007年の時点で71%と平行するように、音楽の世界でも、もはやCDではなくデータで聴く昨今。海外ではアーティストがネット上でタダで配信している方もいるからさぁー大変。

おかげでCD不況と、レコード会社は大変です。音楽を聴く環境はここ数年でめまぐるしく変化しています。単純にCDを売る事自体がよほど優れた楽曲や共感を得ない限り、従来の売り上げは見込めなくなってきているのが現状ではないでしょうか?

やはりこれからは、CDを売るためには付加価値が重要になってくると思います。
現在もコンサートのご招待やグッズがもらえる応募券などが主流ですが、直接アーティストとコミュニーケションができるサービスなどはどうでしょうか?
CDケースの中身にメールアドレスを記載して、そこに直接アーティストにメッセージを送れるようにして、抽選で選ばれた人には、直接アーティスト本人からメールなり電話で会話ができるサービスなんて言うのもファンにはうれしいですよね。
他にも記載されたURLからボーナストラックがダウンロードができるなど逆にインターネットをうまく利用したサービスをどんどん利用した方がいいなっておもいます。

前のエントリー:次世代コンタクトケース
次のエントリー:「返事をするキーホルダー」

コメント (1)

匿名:

ほんまです…。

最近のトラックバック